睡眠欲を満たすには?これも結構育毛には重要。

234号と235では、摂った方が良い食習慣と摂らない方が食習慣について書きました。

食事に関しては、育毛への直接的な影響はありませんが、育毛の効果が出やすくなるのか?出にくくなるのか?に大きく影響を及ぼします。実は睡眠にも影響を及ぼすのです。

理由は、体は食べたもので出来ていますから、毛も睡眠も普段食べているものの影響を受けるのです。

何を摂らないか?

中でも大事なのは、何を摂るか?食べるか?よりも何を摂らないようにするか?がとても大事です。

特にコンビニやファストフードが広がっている現在では、摂らないもの・口に入れないものをよく考えないと、何を食べさせられているか分かりません。

疑問に感じるなら、コンビニ弁当の裏面を見て下さい。あなたが説明できるものがどれだけ使われていますか?

ファストフードも同様です。何故あのように早く出来上がってくるのでしょうか?自分で作ってみれば、それがどれだけ不自然かが分かります。

弁当も同じです。

食欲が私たち人間が生きて行くには一番大事なことなのですから、食べるものの中身がとても大事なのは分かるでしょう。(だから、食事の影響が大きいのです)

基本的3欲が満たされていますか?

食欲を含めて人間が生きる為に基本的な「3欲」があります。その欲が満たされない時に犯罪に走ったり、心身が駄目になってしまったりするのです。

だから、この3つの欲の充実が不可欠になることは、お分かりになるでしょう。

この3欲とは【食欲】【睡眠欲】【性欲】の3つです。あなたの生活で、この3つの欲が満たされていますか?

前の2号は食欲でしたが、あと残りの睡眠欲と性欲についてどうすか?を提案します。

今号は睡眠欲です。

睡眠欲が満たされていると言うのは、ちゃんと眠れていて、朝疲れが取れてすっきり起きることが出来ていますか?と言うことです。

あなたは、いかがですか?

  • 眠れたような眠れていないような感じでスッキリしてしない。
  • 布団に入っても、寝つきが悪くて眠るのに時間がかかる。
  • 日中のことが気になって、なかなか寝付けない。
  • 夜中に目が覚めて、なかなか眠れない。気が付くと朝だったりする。

なんてことはないでしょうか?

これでは、睡眠欲が満たされているとは言えないので、疲れも取れず、心が駄目になっていきます。

原因は、所謂ストレスなのだと思います。そのストレスを解消する方法を知らないのと普段の習慣に問題があるのです。

睡眠を阻害する習慣

普段の習慣に大きな問題が潜んでいます。睡眠欲を阻害する普段の習慣とは以下の通りです。

  • お風呂をシャワーだけで済ましている。
  • 朝シャワーを浴びて、朝にシャンプーしている
  • 寝る前にPCやスマホ・携帯を触ったり、TVを見たり、読書をしたりしている。

こんな習慣になっていて、日中にストレスを受けてそのままなのですから、睡眠欲が満たさるような眠りを得ることなんかできません。

ストレスに対処する

ではどうするか?
まずは、食事です。脳内ホルモンの原料になるものを摂らないといけません。

それは、タンパク質です。一つのタンパク質に偏ることなく摂る必要があります。大豆製品を中心に・卵・魚介類・鶏肉・豚肉・牛肉です。

これらと野菜・果物を意識して摂ることです。

タンパク質なんかは、食べるたびに違ったタンパク源にすれば一番良いです。

糖類・炭水化物がいけない

摂ってはいけないのは、糖質です。糖分の入っているものは、できるだけ避けることが肝心です。

炭水化物に偏る人が多いので意識して減らして下さい。ただし、40歳くらいまではエネルギー源が炭水化物なので、若い方は炭水化物を減らし過ぎないで、発芽玄米にすると良いです。

それと炭水化物を減らす代わりに、タンパク質を摂ることを考えた方が良いです。

ご入浴法で差がつく

次に、ご入浴方法を見直します。
お風呂に入る前には、必ず部屋の明かりを間接照明にして、薄暗い状態にしておきます。

お風呂に入ったら、必ず湯船に浸かり肩や体の力を抜いて、意識的に息をゆっくり吐くことに集中します。

何回か息をゆっくり吐くようにしていると、知らぬ間に日中のイライラや腹立たしいことはマシになります。

ただし、普段からこのような入浴法の習慣がない人の場合、肩や体の力が抜けて日中のイライラや腹立たしいことがマシになるのに2ヶ月3ヵ月くらいかかると思います。

心が解れると体が温まる

心と体が解れてくると、体が温まってきて心身がリラックスしやすい状態になっているはずです。

この状態でお風呂から出てきた時に部屋が薄暗いと、すでに心身が眠れる体制に入っているので、寝つきも良くなり、良く眠れるようになって、翌朝起きた時には疲れが取れているようになるのです。

朝日を浴びながら歩く

そして、もう一つ大事なことは、朝日を浴びながら体を動かすこと=歩くで十分です。

体内時計が矯正されるので、夜になると眠りにつきやすくなります。

食べるものとご入浴前後の習慣を、上記のように整えて下さい。一度やってみると、翌朝の疲れの取れ方が違うのを実感されるでしょう。

睡眠欲が満たされてくると、毛に勢いが出やすくなってきます。そして育毛の効果が出やすくなってきます。

236号は平成26年(2014年)5月3日に配信したメールマガジンです。


このカテゴリーの他の記事