ご相談者の事例1:
バーコードを作れない状態から作れる状態へ

前号の中で、「医薬部外品だからアルコール濃度が高い」と言う記述がありました。
これは私の勘違いでした。
正しくは、「エタノール濃度が高い」と記述するのが正解です。

BG(ブチレングリコール)で植物エキスを抽出している場合があるので、エタノール濃度が低い医薬部外品もあるようです。

ただ、BG(ブチレングリコール)もアルコールの一種らしいので、ノンアルコールではなくノンエタノールが正しい表現ですね。

当初はバーコードも作れない

さて、今号の本題です。
ご相談者の話になるので、この方をAさんとして記述するようにします。

このAさんが相談室にいらっしゃったのは2011年の12月です。今から2年と半年程度前になります。

いらっしゃった時の髪の毛の量は、バーコードを作れるかどうかってくらいに本数も減り、毛も細くなっていました。

つむじも分からなくなっていました。

弊社にいらっしゃる5年くらい前は、もう少し本数もあり毛も太めで、セットすればなんとかバーコードも作れるくらいの量だったようです。

リアップに頼るケアでは無理があった

石鹸シャンプーとフロジン液を使用していたが、効果に繋がってこなかったらしい。

ご本人は「発毛させればもっと増えて何とかなるのではないか?」と考え、リアップ5を約1年半ほど使用したらしいです。

1年半ほどリアップ5を使った結果が、バーコードを作れるかどうかまで進行してしまったことで、どうしての良いのか分からなくなり、ご相談にいらっしゃったのでした。

ご相談にいらっしゃった時の頭皮の状態は

  • 黄色みを帯びていて炎症を起こしかけている
  • 頭皮を触ると、至る所がボコボコしている
  • つむじ周辺に複数個の出来物が出来ている
  • 抜け毛が少ないが、とても柔らかくて短い毛ばかり

他に気になることは

  • 皮膚が弱い
  • 家系的には男性は皆薄毛
  • 間食が多い=特に甘いものが好き
  • 美容外科にてミノキシジルタブレットとアボルブを処方される

ヘアケアと食習慣かも

こんな状態でした。
私は、この方の場合、男性型のように見えるが実はヘアケアの習慣や食習慣の方が問題で、家系的な影響はここを修正すれば防げるのでは?と推測してケアを始めて頂きました。

ただ、薄毛の進行度からすると、通常のケアだけではどうしても力不足が否めないので、弊社独自で行っているMCR療法を取り入れて頂きました。

炎症を起こしてしまう

最初の半年は順調に頭皮の状態が改善してきたのに、サッカー観戦で帽子をかぶらずに行ったらしく、翌年5月にいらっしゃった時には、頭皮が真っ赤に赤くなっていました。

仕方がないので、弊社の頭皮ロカイと言うアロエベラの液汁で、2ヶ月ばかし頭皮を鎮めてから再度やり直しです。

これだけ進行していると、効果が高ければ高いほど、急激な変化ほど負担になりやすいので、本当に丹念にケアに取り組んで頂きました。

頭皮のボコボコぼ感が無くなる

ケア開始後1年半くらいするころから、頭皮のボコボコ感が無くなり、全体的に正常な状態になります。

また、あちらこちらに有った出来物も段々とできなくなっていき、出来物の後だけが残るようになってきました。

弱々しいながらも、ケア後は毛がふんわりするようにもなりました。

ケアを開始してから2年くらいした頃に、弊社で開発した「iスカルプオイル」と「iスカルプローション」とを約2ヶ月ほどお使い頂いたところ、なんと、毛の無かったつむじに細くて短いながらも毛が生えてきて、つむじが出来かかるようになってきました。

育毛剤の効果を出すためのケア

育毛剤を使うのは、かなり慎重になっていたのですが、この頃から育毛剤を使い始めました。

今でちょうど育毛剤を使い始めて半年程度になりますが、やっと、作れなかったバーコードが作れるくらいに毛が太く成長するようになり、本数も増え始めたのです。

この段階で、今までの私の認識を覆す出来事がありました。

細くて先細りの毛ばかりが抜ける

それは、「抜け毛の中身に細くて短い毛が多い時は危ない!」と思っていたのが、このAさんの場合には毛が太く成長するようになり本数も増え始めると、細くて先細りの短い毛ばかりが抜けるのです。

これを見た時、
単に細くて短い毛がたくさん抜けるだけでは判断できない」と考えを改めざるを得なくなったのです。

経過が良いか悪いかの判断は、その人の頭皮や毛の状態と抜け毛の中身の変遷とを総合的に見ることが必要だと認識した瞬間でした。

何度でもやり直しができるケア法

このAさんの場合、どこまで改善できるか?は今のところ分かりません。
が、今年中に誰が見ても「つむじはここにある」と分かるくらいに改善することを期待しています。

3年もかかってそんな程度なの?と思われる人はいらっしゃるでしょう。

全く副作用もなしに、かつ体を健康にしながら、頭皮も健康にしながらの改善です。

その為、もし途中で上手く行かなくなったとしても、次のケアでも十分効果を出していける頭皮と心身になっています。

ほとんどの人は、1回限りのケアで頭皮や心身をダメにしてしまい、次のケアで素直に効果を出せない状態にしているのです。

弊社にご相談にいらっしゃる人は、頭皮や心身をダメにしている人ばかりです。

そんなことを考えると、3年でも短いと思いますね。

239号は平成26年(2014年)6月14日に配信したメールマガジンです。


このカテゴリーの他の記事