毛に不安があると育毛剤を使うと不安が現実に

たいていの人は、自分の毛が「危ないかも」と感じると、なんらかの育毛剤を使い始めます。

男性で一番多いのは「サクセス」のようです。女性では「柑気楼」か「リリジュ」です。

あくまでも、ご相談者から聞いたブランド名で、かつ、一番最初に使ったことがあるものを聞いた結果です。ちゃんと統計を取ったわけではありません。

育毛剤に効果があれば相談に来ない

効果のほどは不明ですが、使ったことがあって、私のところにご相談にいらしているのですから、効果のほどがどんなものなのか?想像できますよね。

でも、今日書くのは別に育毛剤の効果が「ある」とか「ない」とかいう話ではありません。

「毛が危ない」とか「毛に不安がある」時に育毛剤を使うと、本当に危なくなったり、不安が現実になりやすいですよ、って話です。

育毛剤の効果が高ければヤバい!

そればかりか、育毛剤の効果が高ければ高いほど、薄毛を進行させる方に確実に作用してしまうのです。

不思議ですよね。
育毛剤の効果があれば、高ければ、毛が増えるとか「危ない」状態から脱っせると思います。

ところが正反対に毛を無くしたり、薄毛の状態をこじらせたりすることが本当に多いのです。(薄毛の状態をこじらせる=頭皮と心身の健康を害する)

頭皮が弱る・心身に問題がある

理由は、「薄くなる」とかしていなくても、自分の毛が「危ないかも」とか「あれ?おかしい」と感じるのは、頭皮が弱ってきていることが多いからです。(もしくは、心身のどこかに問題がある)

頭皮が弱っているとは、体に例えれば疲労で寝込んでいる状態と一緒なので、こんなところに、作用や効果優先で育毛剤を使うと今薄くなくても、将来薄毛にしてしまうことがあります。

若い男性に多いのが、変化を後退・ハゲと勘違いして、効果を求めて色々した結果、本当に薄毛になってしまったご相談です。

薄毛にしてしまう可能性は、育毛剤としての効果が高ければ高いほど、早ければ早いほど、弱っている頭皮には作用や刺激が相対的に強く働くので高まっていきます。

効果が高ければ高いほど負担が大きい

頭皮に対する負担が大きくなるからです。

育毛剤はアルコール基材ですし、育毛剤に限らず効果が高いものは頭皮に与える作用や刺激が強いので、弱ってきている頭皮には強い負担になるのです。

効果が早くて高いもの・方法ほど、弱っている頭皮・心身には負担が大きいと言えます。

頭皮が正常に戻ると毛も戻る

頭皮が弱ってきている場合には、その頭皮が正常に回復すると、その後にあっけなく毛が戻る場合が多いです。

例え、頭皮が回復して毛が戻らなくても、そのあとに育毛剤を使うと育毛剤が毛が増える方に効きやすくなります。

風邪で熱を出して寝込む前に、体を温めて休めるようにして風邪薬を飲むとよく効くのと同じですね。

心身の健康を害する場合

もしくは、自分の毛が「危ないかも」と感じるのは、心身のどこかの健康を害していることもあります。

心身のどこかの健康を害しているなら、育毛剤が必要じゃなくて心身の健康を害している原因を排除することが先決ですよね。

例えば、少し前の私のブログのコメントにあった投稿です。

ストレスが原因ならストレス対策が最優先課題

「ストレスで体重が激減して、ホルモンのバランスを崩して薄くなってしまった。薬局の育毛剤を使った方が良いのでしょうか」
こんな質問の投稿がありました。

ストレスが原因の根本なのに、薄いから「育毛剤を使った方が良い」と考えるのに疑問を感じませんでしょうか?ストレスの元になっている原因を探り、排除し、体重が元に戻るように食生活を整えるのが大事なのが明白ですよね。

こんな状態で育毛剤を使うのは、インフルエンザなのに、風邪薬を飲んでいるようなもので、治るはずはないし下手をすると命の危険すらあります。

毛を育てる力が弱い人の場合

それと、もう一つあるのが、元来毛を作る力が弱い人の方が薄くなりやすく、そんな人は育毛剤の効果にも負けやすいと言うこと。

こんな人は、薄くなるととても時間がかかり、育毛剤の使い方も限定されてしまうのでとても苦労します。

また、元来弱い人は元来毛も細く弱々しいです。こんな人が育毛剤の力で毛を太くしようとすると大変です。たいてい育毛剤の作用に負けてしまうので、薄毛でなかったのに、薄毛にしてしまい、なかなか元の毛に戻らないなんてことになってしまいます。

いきなり育毛剤を使うのは危険

ですから、「毛が危ないかも」と感じて、いきなり育毛剤を使うのはとても危険な行為なのです。
効果が早くて高いものや方法を採るのはもっと危険ですよ。

育毛剤を使うタイミングが難しい

当然、育毛剤を使った方が良い場合もあるのですが、その見極めが難しい!

  • 育毛剤が必要なのかどうか?
  • 必要なら「どのタイミングで」「いつ」「どのように使うと良いのか?」
  • 育毛剤を使った後には、どんなケアが必要なのか不必要なのか?

こんなことを十分考慮して、育毛剤を検討することが必要なんですね。

あなたに必要な育毛法の中で、育毛剤の役割を考えると良いのです。あなたの育毛法の中での育毛剤の役割は何ですか?

161号は平成23年(2011年)4月23日に配信したメールマガジンです。

メールマガジンの講読

無料メールマガジン「育毛法を探る12のコツ」のご講読をご希望の方は、以下の欄に受信を希望するメールアドレスをご入力下さい。

yahoo!メール・Gmailのフリーのアドレスの場合、迷惑メールに入っていることが多いので迷惑メールでない処理をして下さい

スマホ・携帯の方はlineにて友達に追加して下されば2週間に1回バックナンバーURLをお知らせします。[ID:@epc8977v]
友だち追加

hotmail・スマホ・ガラケー等のモバイルで受信する場合は、セキュリティ設定でドメイン[@genki-life.net][@39auto.biz]に受信許可を与えないと受信できません。


PC向け通常版:無料メールマガジン育毛法を探る12のコツ
以下にメールアドレスを入力→「講読する」を押す


このカテゴリーの他の記事