230号:毛は抜けながら増えるし、抜けながら薄くなる

抜け毛が減るとは頭皮の血行が悪くなり代謝が落ちていることを表している。細くて成長期の短い毛が増えてくるので総本数が減っていく。
●→こちらへ

231号:発毛させる行為はヘアサイクルを狂わす 

発毛のケアを繰り返し続けると、頭皮の血行が悪くなり毛母細胞の働きも悪くなり、十分成熟しない毛が芽を出し成長しない毛ばかりが発毛してくる。
●→こちらへ

232号:今のあなたの頭皮はどんな状態?

硬い頭皮、弾力がある柔らかい頭皮と人さまざま。駄目な頭皮は、赤い・フケ症・匂う・痒いがひどい場合は、脂漏性湿疹・皮膚炎の可能性がある。
●→こちらへ

233号:効果的な育毛方法を採るために

普段の生活習慣の中に、効果的な育毛方法を採るための習慣があります。それは、健康的な習慣のための基礎とか基本と言われるものです。
●→こちらへ

234号:効果的な育毛方法を採る為の食習慣

効果的な育毛方法を採るには、食習慣の影響が大きい。ビタミン・ミネラル・ポリフェノール・タンパク質は意識してたくさん摂らないと中々採れない。
●→こちらへ

235号:摂ってはいけない食習慣

体の為には摂ってはいけない食べ物は、食品添加物・保存料・防腐剤と白砂糖・牛乳です。体液を酸性化し血を濁らし皮脂を過酸化脂質化して頭皮を痛める。
●→こちらへ

236号:睡眠欲を満たすには?これも結構育毛には重要

睡眠欲を満たすには、脳内アミノ酸の原料タンパク質を摂り、体を温めてリラックスする入浴法を摂り朝日を浴びながら歩く習慣が寝付きやすくなる。 
●→こちらへ

237号:ストレス解消で性欲が満たされる。

 ストレス環境は血流・血行を悪化させ性欲を減退させる。性欲充実の為、睡眠欲・食欲を充実させる。脳内ホルモンに役立つ食事。 
●→こちらへ

238号:育毛相談WEBで製品製造に関わって分かったこと

成分表記で分かるのは、その成分があなたの皮膚に合うかどうかを確認できるだけ。製品の効果は、成分のグレードや配合比率で大きく変わると育毛相談WEBで製品製造に関わって分かった。 
●→こちらへ

239号:ご相談者の事例1:バーコードを作れない状態から作れる状態へ 

バーコードも作れないほどにも毛を無くしていたのが、頭皮と心身の健康を維持するケアを続けて、バーコードを作れるくらいまで改善した人の実例。頭皮と心身を駄目にしているご相談者ばかり 
●→こちらへ

240号:毛の生え替わる(変わる)サイクルと抜け毛・発毛

毛の生え替わる(変わる)サイクルが分かると、抜け毛が減れば毛の本数が減り、発毛させれば成長しない毛が生えてくるのが理解できます。毛の生え替わる(変わる)サイクルを元に戻すケアを。
●→こちらへ

241号:頭皮に異常(フケ症・痒み・臭い・赤み)が出るのは何故?

頭皮の皮脂を取り清潔にする習慣を続けるから頭皮にフケ症・痒み・臭い・匂う・赤み等の異常が出る。皮脂は頭皮の保護膜。皮脂を取れば増えるし、皮脂を取る行為は角質層を痛める。 
●→こちらへ

242号:毛が本当に増え始めるのはいつからか?

育毛のスタートラインに立てば、毛が増え始めるのがいつが予測できる。育毛のスタートラインに立つには、頭皮や心身が過去の影響から脱する為に6か月前後の日時が必要になることが多い。
●→こちらへ


このカテゴリーの記事