育毛の効果があなたの問題点を解決してない

今号は、「効果があれば毛が戻ると言うのは幻想です。」の後半です。

前号はリアップを例に上げて、「効果があれば毛が戻るのは幻想なんですよ」の理由を記述しました。
覚えていらっしゃいます?

リアップの効果

> 確かに、リアップには効果があるのでしょう。
> 「強く、太く、発毛」と言う効果です。
>
> と言うことは、
> それだけ強い作用を頭皮や毛包に与えているはずなのですが、
> その強い作用を受けた側の頭皮や毛包はどうなるのでしょう?
>
> 発毛してきたのに、頭皮に炎症や湿疹が出来てしまい
> 一気に毛が抜けてしまう人もいるのです。
>
> 皮膚が弱い人も多いので、効果が負担になることが多く、
> 期待通り毛が増えかけても、それが続くだけの力がないのです。

効果が負担・効果が継続しない

そうなんですね。
製品に効果があっても、その効果が続くことで負担を与える結果になり、薄毛の人の頭皮は弱い場合が多いので、効果が継続しないのです。

ケアに使う製品や方法も大事だが、ケアを行う人のことはもっと大事だと言うことです。

あなたに合った育毛剤の不思議

ちなみに、育毛をテーマにしたサイトに良く出てくる文言に、「あなたに合った育毛剤を使って下さい」があります。

この文言を見た時、最初は笑ってしまいました。

だってそうでしょう。
自分に合う育毛剤と言っても、使ったことのないものばかりなのに、「合う合わない」なんて分かるはずがありません。

使ってみて、何か月間か使ってみて、そこで何をもって「合う合わない」を判断するのでしょうか?

使い始めに効果を感じる

前回の事例にあげたリアップだって、使い始めには効果に繋がるのです。これで「私にはリアップが合うのだ」と判断するのでしょうか?

その後頭皮に異常が出てしまい毛が無くなってしまったら、「私にはリアップが合わなかった」と判断するのでしょうか?

合うか合わないかなんで誰にも予測はできません。予想できないものを結果論で色々言うのはあまりにも無責任です。だから、笑ってしまったのです。

ご自分のことをちゃんと知る

何が合うかどうかなんで誰も分からないのですから、そんな分からないものを探し回るよりも、もっとご自身のことを知って下さい。

ご自身のことが分かれば、何がマイナスになるのか?何がプラスになるのか?の予測を付けることができます。

頭皮が弱っていれば・・・

前回の事例を上げると、ご自身の頭皮が弱っていることが分かっていれば、リアップには効果があるのが分かっていても、使えば頭皮をダメにする可能性が高いのが分かるので、少なくともリアップを使って毛を無くすことはありません。

私のところにご相談にいらっしゃる方には、リアップを始めとするミノキシジル系の育毛剤、プロペシアやフィナステリドの飲む育毛剤、ミノキシジルタブレット、これらを使い飲んでいる人が7割~8割あります。

ご自分のことを知れば改善率が上がる

これらの人のケアの助言をしていていつも感じるのが

  • 「リアップを使っていなければもっと簡単だったのに」とか
  • 「リアップを使っていなければ回復できる範囲がもっと広かったのに」とか
  • 「プロペシアを飲んでいなければ、毛を無くさなかったのに」とか
  • 「ミノキシジルタブレット飲んでいなければ、もう少し早く改善したのに」とか

こんなことばかりです。

あなたの問題点を分かっていますか?

ご自分の薄毛の問題点がどこにあるのか?を全く理解せずに医薬品や育毛剤に頼るから失敗するのです。

効果があると言われるものには目移りします。「隣の芝生は青く見える」通りです。

効果があればあるほど、副作用も同じだけ強くあり、その副作用による後遺障害も強く残ります。効果だけがあって、副作用はないとか少ないと言うことはないのです。

まずは、あなた自身のことを良く知りましょう。「敵を知り己をしれば百戦危うからず」です。

216号は平成25年(2013年)7月13日に配信したメールマガジンです。


このカテゴリーの他の記事