ご自身の薄毛の原因・問題点を分かっていない

総復習するつもりで、202号からのテーマと内容を読み返してみました。やはりと言いますか、育毛の効果に繋がらない一番の理由は、「ご自身のことを分かっていない」ことに集約されます。

「ご自身の原因と問題点を考えた上で薄毛を解決しようとせずに」
他人様のことを参考にしたり、薬で強引に何とかしようとしたりするから毛を無くしているのです。

薬は難治性の人を増やしただけ

2005年に日本でもプロペシアが認可されて13年経過します。1999年リアップが発売されてから19年が経過します(平成30年:2018年現在)。

これら2つの販売数・売上から予測すると、薄毛でお悩みの方なら、1度は飲むか使うかしたことがある薬です。

それで薄毛人口が減ったのかどうか?

私の感想は、「治りにくくなった人が増えただけで、皮膚疾患の人が増え続けている」と言えます。病院が儲かるネタが増えただけとも言えますね。

こうなるのは「ご自身のことを分かっていない」からです。

ご自身の薄毛の原因・問題点を知る

ご自身の薄毛の原因と問題点を知る為に、以下に総復習のつもりで概略を書いておきます。もう一度、ご自身のことを振りかえってみて下さい。

1.毛を育たなくする原因:身を作る食事について

育毛の為の食事ではなく、ご自身の健康の為の食事が必要。

毛になるタンパク質とタンパク質を毛にする為に必要なビタミン・ミネラル・酵素・ポリフェノール。

2.現在抜け毛が急増している女性の話

女性のご相談者の話。

抜け毛が急増して薄くなってしまった。普通の薄毛だったのに対処法を間違って、びまん性脱毛症になってしまっていた。

3.リアップとリアップレディーで効果があった男女の話

リアップやリアップレディー等のミノキシジル製剤は、効果はあるとけど後が大変です。

頭皮が駄目になるので、将来毛が駄目になり、今生えている毛も駄目になることがあります。

4.ネットの情報を信じて取り組んだら・・

ネットの情報は、発言者・記述者が「どこの」「誰で」「何をしている」人か?分かることが判断の基準になる。

これら3つがない情報は、あまりあてにならない。

5.ネット上の情報を信じて育毛剤とシャンプーを使ったら

育毛剤の口コミサイトで「抜け毛が減ってきました」と言うコメントは、毛が増える効果ではありません。

シャンプーの比較サイトで、美容師さんが運営しコメントしている内容は、育毛に役立つコメントではない。

6.何を判断の基準にする。生えてくるの?

毛が薄くなる時には段階があります。毛が増える時は薄くなる時の段階をなぞります。

それが育毛の効果を計る基準です。生える生えない、発毛する発毛しないで効果を計っていると間違えます。そんな情報には要注意です。

7.何を判断の基準にする。抜け毛が減るのが良いことなの?

生えると抜けるは表の裏の関係にあります。どちらか一方だけと言うことはありません。

毛は常に抜けては生え変わるサイクルを繰り返しているので、このサイクルが正常になされるようになるのが育毛の効果。抜け毛減れば毛の量も減るかもしれませんよ。

8.ヘアスタイルにこだわって効果に繋がらない。

生え際を隠す為に後ろの毛を前に持ってくる。分け目を変えずに同じところで分ける。毛を左右の頬を隠すように引っ張ってセットする。
等々ヘアスタイルへのこだわりで薄毛を治せない人がいらっしゃる。

9.ダイエットで効果を無くしてしまう。

無理なダイエットは身も心も壊します。それだけではありません。

毛も育たなくなっていくのです。痩せても綺麗になりませんし、魅力的にはならないのを知って下さい。

10.朝シャンが止められないで効果に繋がらない。

朝シャンは自律神経の切り替わりをスムーズにする時間を取れないので、育毛にはマイナスになります。

夜のご入浴をシャワーだけで済ますのも同じです。こんなことを習慣として続けているから薄毛になるし治せないのです。

11.カラー・トリートメントを止められないで効果に繋がらない。

やはり、カラーやトリートメントは薄毛の原因になります

習慣的にカラーやトリートメントを積み重ねることで、頭皮と毛を育てる組織が弱ってしまいます。カラーやトリートメントをする時は、マイナスを防ぐ処置が必要です。

12.上手くいかないのは、ご自身の問題点を分かっていないから。

効果とは頭皮や体に負担を与えることです。

効果の高い早い育毛法をや育毛製品を使うと、効果があるのに毛を無くすのです。それをリアップを例に上げて考察します。

13.効果があれば毛が戻ると言うのは幻想です。

あなた自身のことを知り、あなたの問題点を明らかにしましょう。ご自身のことを知ることで、ご自分にとって駄目なこと有効なことが分かります。

あなたに当てはまるのはいくつ?

以上13項目について振り返ってきました。
薄毛でお悩みなら、この中の一つや二つくらいは当てはまると思います。

4と5と12と13なんかは、ほとんど全ての人に当てはまるのでは?と推察します。
敵を知り己を知れば百戦危うからず。

217号は平成25年(2013年)7月27日に配信したメールマガジンです。


このカテゴリーの他の記事