薄毛の進行パターン

ここ3号に渡って書いてきました薄毛になる段階を、順番に箇条書きで書いてみると以下のようになります。簡単に書いてみますので振り返ってみて下さい。

  1. 皮脂を取るケアが薄毛発症の第一歩で
  2. 毛の粗造化から始まり
  3. 抜け毛は減り始めます
  4. 毛に腰やハリが無くなり始め
  5. シャンプーを変えたり、環境が変わったりすると
  6. 抜け毛が急増して
  7. 細い毛ばかりが残るようになり薄毛が発症する

女性の場合、40才前後に7番目の段階になることが多いので、加齢や更年期が原因のように言われます(本当はヘアケアの習慣や体質・環境に原因があります)。中には20才代や50才を過ぎてからの女性もいらっしゃいます。

早いか遅いかは、その人の体質やヘアケア製品以外の原因がどれだけ絡んでいるかと、その他の原因の強さ加減によります。

8番目:効果のある育毛剤探し

薄毛は発症したら終わりではなく、この後も続き段々と進行していきます。
薄毛に気が付くと

8番目として、たいていの人は効果のある育毛剤や方法を探し始めます。上記の5番目の時もありますが、8番目にくることが多いです。

他人様の評判を聞く

ネットで効果のあるものを探すと、いくらでも効果のありそうなものが出てくるで、一番評判の良さそうなものから使い始める人が多いです。

主に口コミサイトの投稿を見たり、掲示板を見たり、実際に質問してみたりする人もいるでしょう。「Yahoo知恵袋」や「教えてGoo」に質問する人もいます。

中には、育毛サロンに通う人や美容外科の治療を受ける人もいらっしゃいます。

毛を育てる力の差

この段階では、元来の毛を育てる力が強い人の中に、育毛剤の使用や育毛サロン・美容外科でのケアで元に戻る人や場合があるのです。

ところが、多くの薄毛の人は元来毛を育てる力が弱い場合が多いので、上手くいかない人が多いです。

薬や医療までもが育毛に絡んできているのに、育毛剤の売れ数が驚異的なのに、薄毛人口が増えている原因がここにあります。

そして、毛が増える為の効果を間違っている口コミや掲示板での投稿・Q&Aサイトでの回答ばかりなので、取り組んでも毛が増える方にならないことが多いのです。

対症療法的ケアで抜け毛が減る

この段階で対症療法的なケアに取り組めば取り組むほど、また、何もせずに放っておけば放っておくほど、年月の経過とともに抜け毛は急激に減っていきます。

対症療法的なケアの例

  • 頭皮の温冷療法:温水と冷水を交互にかける
  • 頭皮を柔らくするマッサージ法

この段階で、ご本人の問題点を探り、その問題点を解決するようなケアを採り入れれば、次の段階に進まなくなりゆっくりと回復傾向になっていきます。

ところが、そんなことをしないで他人様が良いと言っている製品を使ったり、ネット上で評判になっているような方法や製品を使ったりして、さらに悪化させている人が多いのが現実です。

さらに悪化すると

9番目:短くしか育たなくなる

ご本人の問題点を探らずに、対症療法的なケアや治療を続け渡り歩いていると抜け毛は急激に減っていきます。

抜け毛が急激に減ってきて、細い毛だけでなく、短くしか育たずに抜ける毛の割合が増えてきます。

短くしか育たない毛の割合が5割を超えると、急激に毛の本数が減ってくるようになります。

ここまで進行して時間が経過すればするほど、毛の生えていない期間の長い毛穴が多くなってきます。

毛の生えていない期間が2年を超すようになってくると、回復できる毛穴が段々と少なくなっていきます。

一番大事なのは何か?

「8」番目になった時に、ご自身の問題点となっていることを知ることが大事です。効果のあるもの探しがつまずく元ですし、求める効果(毛が増える為の効果)も間違わないことも大事です。

一番大きな間違いは、抜け毛が減れば良いと考えることと発毛させようとすることです。

抜け毛は、増えたり減ったりしながら薄毛は進行していき、最終的には急激に減ってきます(毛の本数も急激に減っていきます)。

発毛していないから薄くなっているのではないのですから、発毛させるケアは頭皮に過剰な負担を与えます。

どうするのが良いのか?

ご自身本来の毛の生え代わりが正常になるように、頭皮を正常に回復してあげることです。

その為のケアが、頭皮と心身の健康を取り戻すケアなのです。

200号は平成24年(2012年)12月1日に配信したメールマガジンです。


このカテゴリーの他の記事