190号:間違ってはいけない育毛の効果

育毛の効果を考える時、毛がどのようにして増えるようになるのか?を知ることが先決です。毛が増えるのは、毛の生え変わるサイクルに対応します。決して、バシバシッと生えてきて、ビンビン伸びるわけではないのです。
●→こちらへ

191号:ミノキシジルの効果と副作用

ミノキシジルは、毛細血管を増やすわけではありません。血管を拡張させて血を集めるのです。特に塗布タイプのもの(リアップやカークランド等)は、塗布した部位の毛細血管が広がります。飲むタイプのミノキシジルタブレット
●→こちらへ

192号:頭皮のマッサージ、温冷療法

頭皮のマッサージにしろ、頭皮の温冷療法にしろ、メリットとデメリットがあります。やり方を間違ってデメリットが大きくなっている。 
●→こちらへ

193号:フィナステリド(プロペシア)のメリット・デメリット

フィナステリド(プロペシア)はDHTを抑制し毛の生育を良くする。DHT抑制の副作用には、悪性の前立腺肥大・うつ病・勃起不全・精子量減少がある
●→こちらへ

194号:育毛剤の効果・作用に頼る方法のメリット・デメリット

育毛剤には効果はある。対症療法的な効果・作用なので、本当の薄毛の原因を解決するのではない。効果のある育毛剤は、その効果と同じくらい頭皮に作用し負担を与える。
●→こちらへ

195号:ヘッドスパのメリットデメリット

頭皮の温浴=本来の意味のヘッドスパは、頭皮がリラックスして緊張が解れ血流が良くなる活性化して新陳代謝が活発になり、抜け毛が増えることが多い。
●→こちらへ

196号:皮脂を取るケアが薄毛の原因

皮脂は人の体を守っている保護膜。皮脂を取れば角質を痛めるので、頭皮がフケ、かゆみ、炎症、臭い(匂い)が出て、薄毛の原因になる。
●→こちらへ

197号:皮脂をとるヘアケアが薄毛発症の第一歩

薄毛が発症には、その前段階がある。日々のヘアケアの中で皮脂を取るシャンプーで皮脂をシャンプー法を採ること。脂っぽく・痒く・臭いが出る。 
●→こちらへ

198号:最初は毛の粗造化から。アレルギー体質は要注意

皮脂は頭皮の保護膜。保護膜を取るから皮脂の分泌が増えて角質を痛め、フケと臭いの元になる。血行が悪くなり毛の粗造化が始まる。 
●→こちらへ

199号:細くしか育たなくなり抜け毛が減る

髪の毛の痛みが激しくなり、トリートメント・コンディショナー・ワックス等の使用が増え、それらで頭皮を弱らせて抜け毛が減り細い毛しか育たない頭皮になる。 
●→こちらへ

200号:薄毛が発症してからどうなっていく

薄毛は毛が無くなるのではなく、段々細くなり成長しなくなっていくもの。途中間違った育毛の効果のあるもの探し(抜け毛減少・発毛)で毛を無くしている。
●→こちらへ

201号:皮脂の分泌能力が弱い・皮膚が弱い

薄毛の原因は、外部だけではなく「あなた」自身にもある。皮脂の分泌能力の弱い人・皮膚の弱い人は、外部の影響を受けやすい。 
●→こちらへ

202~203号:身を作る食事について

コンビニ食・ファストフード・加工食品・白砂糖を多く含む清涼飲料水の常食は、ミネラル・ビタミン・酵素不足、酸性化と血の濁りで薄毛になりやすい 
●→こちらへ

204号:育毛に役立つ「身を作る食事について:その3」

朝食は季節の野菜と果物を生で摂る。味付けはエゴマ油か亜麻仁油と自然海塩で。味噌汁は、干し椎茸・煮干し・昆布・鰹節で出汁を取る。ナトリウム・カリウム・カルシウム。 
●→こちらへ

205号:現在抜け毛が急増している女性の話

 薄毛になる前には成長しなくなった毛が抜けずに残るようになる。抜け毛が減り成長しない毛がたくさん残り、何かがきっかけで抜け毛が増えて薄毛になる。
●→こちらへ

206号:リアップとリアップレディーで効果があった話

ミノキシジル製剤であるリアップとリアップレディーには効果があります。効果がる分負担も強く、頭皮に異常が出て毛が無くなることもあります。
●→こちらへ

207号:情報を発信する人の情報が基準になる

効果があると言う方法や製品を勧める人は、どこのどんな人で何をしている人か?で、その情報が有益なのかどうかが分かる。例:ミノキシジル・温冷浴。 
●→こちらへ

208号:育毛剤とシャンプーのランキング・比較サイト

ネット上には、育毛剤やシャンプーのランキングサイトや比較サイトがあります。が、その基準や効果が、薄毛を改善するものでない場合が多いです。 
●→こちらへ

209号:何を判断の基準にする。生えてくるの?

生える生えない、発毛する発毛しない、で毛が増えるわけではない。それらで効果を判断する基準にしているから失敗する。 
●→こちらへ


このカテゴリーの記事