頭皮をリセットすると髪は変わる

たいていの人は、夜お風呂の入って洗髪をします。洗髪をする時には、温水で頭皮を洗いますよね。シャンプーで頭皮を洗う時にも温水を使っていますよね。

すると頭皮は以下のようになっているはずです。

皮膚の緊張が緩み、抵抗力が落ち、毛穴が開き、いろんなものを受け入れやすくなっているのです。こんな頭皮や毛穴には、使うヘアケア製品の目的次第で影響度が変わります。

▼ヘアケア製品の目的は

たいていのヘアケア製品の目的は、洗い上がりが良かったり、くし通りが良かったり、髪が艶やかに綺麗になったり、腰が出るようになったりです。

こういった効果を一般の人が求めるのですから、メーカーはそうなるような製品を作るのです。

使用前が使用後にすぐに変わるヘアケアが問題

美容室で行うケアや扱っている製品だって同じです。

市販品と同じ上述のような効果しか出せないならお客様に来店頂けませんから、さらに使用前が使用後になるケアを行います。

ところが、ここに育毛として見た時に大きな落とし穴があります。

毛は死んだ組織の集まり

毛は死んだ組織の集まりなので、一度痛めた部分はもとには戻りません。腰が出ないのも、中身の薄い毛質であったりするからです。

にも関わらず、市販品や美容室でケアを行うと、見違えるように「使用前が使用後に」変わります。

▼頭皮と毛穴内部に残留する

何故、死んだ組織の集まりが変化するのでしょう?

毛が綺麗になったように見えるように、毛質が良くなったように見えるように、髪の毛の表面に残留するように作られているからです。

当然、洗浄成分である界面活性剤も残留し毛穴内部にも浸透します。
(ここで言う界面活性剤とは脂分を取り作用が強いものを言います)

事実、ご相談者の頭皮を洗っていると怖くなることがあります。

▼実例

私のところでは、一番最初のご相談時には、温水だけで頭皮を洗うようにしています。温水で洗うことで、客観的にその人の状態を把握することが出来るのです。

当然お湯で洗うのですから、頭皮の緊張が緩み毛穴が開きます。
で、どうなるか?

お湯だけで洗っているだけなのに水槽が泡立つのです。

カラーをしている人だと、お湯が茶色っぽくなることもあります。確かにシリコン入りのヘアケア製品を使っていらっしゃる方の場合には、水槽内の泡立ちがすごく良いです。

シリコンが入っていなくも同じ結果に

シリコンが入っていなければ良いのか?と言うとそうでもなく、シリコンを使っていないヘアケア製品でもお湯が白く濁るのですね。

シリコンが入っていようがいまいが、頭皮や毛穴内部に残留しているだろうと予測が付きます。
当然ですが、皮脂も取れてお湯に浮かびます。

それだけではありません。
頭皮や毛穴内部・毛表面に残留しているヘアケア製品の残留物が取れてしまうと、毛に腰が出て立ち上がりが良くなるのです。

下記のページ下の方に写真を掲載しています。
http://www.genki-life.net/kami/sodan/patern/saitama.html

この写真の方のように温水で洗うだけで見違えるようになる人が、10人中8人か9人いらっします。

▼ヘアケア製品の目的が薄毛の大きな原因の一つ。

残留する為に作られたヘアケア製品が、薄毛の大きな原因の一つになっているのをお分かりになりましたでしょうか?

頭皮や毛穴に残留している残留物を流してあげて、薬漬け状態をリセットしてあげることが効果的なのです。

現在TVCMや雑誌の広告では、市販のシャンプーで頭皮を洗ったり、泡のカラー剤を頭皮に付着させていたり、シャンプーで洗うだけで毛に腰が出るようなものをたくさん見ます。

これらが薄毛の原因になっているのです。

目的に沿った使い方をすること

シャンプー剤やコンディショナー・トリートメントを、頭皮や髪に付け置くのも薄毛の原因を作っていると言えます。

くれぐれも、製品はその目的に合わせた使い方をして下さいませ。市販品や美容室でのケアは、あくまでも髪の毛を洗い・髪の毛を綺麗に魅せる為のものなので、頭皮を洗ったり付け置きしたりしたりするものではないのです。

182号は平成24年(2012年)3月10日に配信したメールマガジンです。


このカテゴリーの他の記事