頭皮のバランスを良くするのが効果的

最近、頭皮のバランスを崩している人が多い上に、「バランスを崩す行為が良い行為だ」と言わんばかりの広告が目に付くので書かせて頂きます。

少し前の話になりますが、女性の方でご相談のお電話を下さった方がいらっしゃいます。
この方のご相談内容は以下の通り。

  1. 所謂、育毛サロンに1年通っていた。
  2. 結果、1年で毛が元に戻った。
  3. 安心して、しばらくは育毛サロンの製品だけ使っていた。
  4. 育毛サロンに通わなくなって半年して頭皮が匂うようになった
  5. どうしたら良いでしょう?というものでした。

毛穴掃除と角栓取り

この育毛サロン名は言えませんが、毛穴掃除をして角栓と言われるものを取り去り、育毛剤を効かすケアをしているのです。

この女性が通っていたサロンに、実際に通っていた男性の頭皮を拝見したことがあります。

お話をお聞きすると、最初は良かったけど、1年を超え始めると効果が無くなっていき段々と進行し始めるのでと直接いらっしゃったのです。

頭皮が超超綺麗過ぎる

このサロンでケアをしていた男性の頭皮は、超が2つも3つもつくらいに綺麗過ぎて真っ白でした。

で、何を言いたいのかと言うと、「綺麗にし過ぎることで、頭皮のバランスを崩す」と言いたいのです。

皮膚常在菌のバランス

頭皮にも皮膚常在菌が住んでいます。これらのバランスが保たれることで、皮膚の状態も安定しているのです。

ところが、毛穴掃除をしたり、皮脂を取り除くことをしていると、頭皮が弱ってきて常在菌の繁殖しやすい環境になるのです。

異常な頭皮になってくる

すると、上述の女性のように匂うようになったり、かゆみがひどくなったり、炎症を起こしたりして、正常な頭皮でなくなります。

また、私が直接拝見した男性のように、頭皮が弱ってしまい血の気のない・真っ白な・綺麗過ぎる頭皮になってしまうこともあります。

抜け毛が減り毛の本数も減る

結果、頭皮の血の巡りが落ちるので、年平均の抜け毛が減り、年平均の生え変わってくる毛の本数が減るので、2年3年・・・と時間が経過すればするほど、薄くなっていきます。

だから、いくら育毛サロンのケアの効果で増えても、その後の2年3年4年で薄毛の進行が激しくなることも多いのですね。

美容院のヘッドスパも危険

読者の皆さんもご存じの通り、ヘッドスパを行う美容室が増えました。これらも最悪で、綺麗にし過ぎたところにヘアケア製品を使うので、抜け毛が減るが先々の2年後3年後に毛の本数が減る可能性が高いのです。

TVのCMでも、ヘッドスパで毛穴を詰まりを取るとか、シャンプーブラシで毛穴掃除とか、平気で一流のメーカーが訴えているに恐ろしさを覚えます。

頭皮が臭うのは清潔にするからが正しい

先日も、「まぐまぐ」の広告で、頭皮のクレンジングを訴えていました。「頭皮が臭うのは清潔にしていないからだ」と記載されていました。

この広告は嘘を言っているのもいいとこで、全くの反対を訴えています。「頭皮を清潔にし過ぎるから臭う」ようになるのです。

毛穴掃除や頭皮の掃除・皮脂を取り去る

こうして見ると、世間一般の情報は、毛穴掃除や頭皮の掃除・皮脂を取り去る方に向いているようで、今後も、頭皮のバランスを崩す人が多発するだろうと思います。

一度頭皮のバランスを崩すと、元に戻すのは難儀します。

脂漏性湿疹や皮膚炎の元

頭皮のバランスを崩すと、脂漏性湿疹や皮膚炎になりやすくなりますし、一つのことでは中々良くならないので、色々試して確認してみないと駄目な場合もあって一筋縄でいきません。

頭皮のバランスが整うと、毛の生育しやすい環境が整うので育毛の効果も出やすくなります。

ただ、いつも言っているように、バランスを崩している問題点は人により違います。

それを確認する為にも心当たりがあるかたは、一度ご相談下さいませ。

146号は平成22年(2010年)8月7日に配信したメールマガジンです。

メールマガジンの講読

無料メールマガジン「育毛法を探る12のコツ」のご講読をご希望の方は、以下の欄に受信を希望するメールアドレスをご入力下さい。

yahoo!メール・Gmailのフリーのアドレスの場合、迷惑メールに入っていることが多いので迷惑メールでない処理をして下さい

スマホ・携帯の方はlineにて友達に追加して下されば2週間に1回バックナンバーURLをお知らせします。[ID:@epc8977v]
友だち追加

hotmail・スマホ・ガラケー等のモバイルで受信する場合は、セキュリティ設定でドメイン[@genki-life.net][@39auto.biz]に受信許可を与えないと受信できません。


PC向け通常版:無料メールマガジン育毛法を探る12のコツ
以下にメールアドレスを入力→「講読する」を押す


このカテゴリーの他の記事