110号:薄毛になるパターンに沿って育毛の効果は出てくる

毛が増えるのには、抜け毛が減るのでも発毛するのでもありません。こんな育毛の効果では薄毛は治らないのです。薄毛の進行や発症パターンをなぞるように出てきます。ですから、薄毛になるパターンと回復パターンを知ることが大事です。
●→こちらへ

111号:育毛剤の効果で毛が回復するのか?

育毛剤の効果は薄毛を治す効果でないのが残念なところ。それは、薄毛の進行パターンをなぞる効果ではなく、お悩みの方が望む効果を訴えているだけだからです。抜け毛減少や発毛促進では毛が増えるようにならないのです。
●→こちらへ

112号:毛が増える為の効果(発毛・抜け毛・皮脂)を間違ってはいけない

毛が増える為には増える為のプロセスがあります。そのプロセスには発毛するとか抜け毛が減るなんてこのはありません。発毛するとすれば最後の最後、抜け毛は増えたり減ったりします。皮脂を取り始めると皮膚疾患になります。
●→こちらへ

113号:皮脂は「あなた」の頭皮と毛穴・体を守っている

人間の頭皮や体を細菌の繁殖や乾燥から守っているのが皮脂です。その為皮脂を取れば再度分泌されます。また、皮脂は液体なので毛穴に詰まることはあり得ません。習慣的に皮脂を取るから皮脂が増え薄毛になるのです。
●→こちらへ

114号:皮脂を取ると頭皮の匂い・フケ・痒み(脂漏性湿疹・皮膚炎)の原因に

皮脂を取るシャンプーでの皮脂を取る方法は、頭皮を傷め匂いやフケ・痒みの原因になる。それだけでなく、皮脂の分泌が増える。結果、皮膚を傷めてしまい皮膚トラブルが頻発し、脂漏性湿疹・皮膚炎の原因にもなります。
●→こちらへ

115号:毛が増えるのはプロセスを踏む。発毛するのは一番最後。

使用前が使用後になったと言う結果だけで、発毛すれば毛が増えると言うのはプロセスが分からないので嘘情報の可能性が高い。元来、毛が増えるのは発毛するのは最後の最後の効果で、その前に毛が増えるプロセスがあるもの。
●→こちらへ

116号:理美容室でのヘッドスパは頭皮を痛める可能性が高い

理美容室にいく目的は、使用前が使用後に変化して綺麗におしゃれになる為です。それはクレジングと洗顔で綺麗にしたところにメイク類をするのにしている。こういったことをヘッドスパで頭皮に行って良いのかどうか?
●→こちらへ

117号:抜け毛が減ると生え変わってくる毛の本数が減る

毛が抜けることを嫌がる人が多いが、毛は抜けるものであり抜けた毛は必ず生え変わるものです。生え変わってきた毛は必ず抜けるものです。抜け毛を減らすのは生え変わってくる毛を減らすことに繋がります。
●→こちらへ

118号:育毛のケアの目的を知る為にプロセスを理解する

薄毛が発症し進行していくにはプロセス=段階があります。薄毛が治る時には、そのプロセスをなぞるにして効果が出ていきます。育毛の目的をこのプロセスに置き段階を踏んで効果を出していくと毛を無くさない。
●→こちらへ

119号:ヘアケア製品と美容室のヘッドスパに求める効果=目的

普段使っているヘアケア製品はには、髪の洗い上がりの良さやスタイリングのしやすさやセット力が良い効果を求めている。美容室にいくのは、この効果をさらに高めた効果を求めている。その為のヘッドスパは頭皮を痛める。
●→こちらへ


このカテゴリーの記事